>
日々の生活でのことをなんやかんやとぼちぼちのせてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日に、映画を観た。

仙台フォーラムという小さな映画館

観た映画は クロッシング

20100423_1112892.jpg

この間、郡山でおもちゃコンサルタントつながりで知り合った

ただじゅんさんと食事をしながらいろんな話をしてて
この映画の話になり 観にいきたいなぁとおもってたのです。

ただじゅんさんは、児童演劇の方で親子劇場や保育園や、学童保育
高齢者施設などなどで、公演やワークショップなどをしている
とってもたのしい方

自森の卒業生 やまけんさんと仲良しでもある とっても楽しいし
いろいろ刺激をもらえる すごい方です。

で、その時、これは観たいと思い

娘にその日の夜電話で ねーねークロッシングっていう映画すごいええねんて

と おしえてやろうというつもりで 話したら

「それ、もう観たでー。この間渋谷に映画観に行ってくるっていうたやん、その時の映画やで」

と ありゃまー ほんまかいな

えーーだれと観にいったん??

え、一人でやけど・・・

興味を持ってさっさと行動するところ 親だけどびっくりするわー。

なーーんや、観たんかー という私に

あれは観といたほうがええで と娘

なおさら観たいーーー 

劇場を検索したら 金曜日が最終で 仙台でやってるやーーん
いかねば


というわけで 行ってきました。

夜の9時からの 上映
未成年の のんははいられへんし

一人で観るか と思ってたら 娘がちょうど学校閉鎖で帰宅
もういっかいみようかなぁー

というので、いこいこっ と二人でいったのですが
18歳以下は ほんまは あかんねんねー この時間
だがしかーーし 娘は、いつも大人にみられる

今回も車とめている間にチケット買ってきてくれたけど
だれもなにも言わず(苦笑)
お車ですか?とか聞かれたらしいし

肝心の 映画 クロッシングは、 もう泣く泣く。

脱北して、奥さんの結核の薬を中国まで手に入れるために命がけで
川を渡るのです。中国で公安から逃げながらの日々
その間に、奥さんは 飢えと結核で 亡くなり
息子だけになり と 

北朝鮮の家族の話が 静かに淡々と 進んでいくのです

国の体制を批判的に、誇張して描きはしていませんし
どこかだけを強調した演出でもないのです

が、 かえってそれが、その静かに描かれている
そこにリアルが見えるのです

極限の状況、その中の子どもたち

悲しいとかかわいそうとか、そんな言葉では
見合わない そんな簡単な言葉じゃない
 そんな言葉を超越した 感情が胸にせまる。

神様は不公平だ 神様は裕福な国にだけしかいないのか

そんな セリフが胸をえぐります。

終了後、娘と車で話しながらかえってきたんやけど

こういう映画を観て、いろいろ語り合えるのってええねー
娘、大人になったなぁ と感じる瞬間でもある。

自分になにができるのか と自問自答もしてみる・・・
知ることが まずは大事なんだろうけど
それだけでいいのか

いろいろ思うのです。
20100423_1112890.jpg
チャ・インピョ いい俳優さんです。子役の子がすごいし

たくさんの方に観ていただきたい映画です。全国あちこちでやってます。

北のことだけでなく、アフガンもしかり
イラクもしかり

アフガンやイラクについては、娘と同じ保育園で
一緒に 保護者会の活動してた フリージャーナリストの西谷さんが
ここのサイトで いろいろ報告などしてます。







http://www.nowiraq.com/

こちらは、西谷さんのブログ
ブログ 

目を覆いたくなるような悲惨な写真ものっていますが
目を覆ってしまってはいけないと 思うのです。

日本がアメリカと戦争してたことをしらない 若者が多いそうです
ましてや、朝鮮半島を植民地にしてたことなんか まったく知らない

知らないのも時には罪なのだと 思うのです

娘は、中学の時に 社会の先生が配った プリントに
強制連行はなかった。 という 一文を読み
抗議しました。

という説をとなえる人もいる とかそういう表記なら
まだわかるけど 断言している これはどうなのか 
と そしたら めっちゃくちゃ煙たがられました
試験にそんなことでないし いいじゃないか 
なにをそんなに こだわるんだ。

そんなことを質問されたから授業がとまった
ほかの人に迷惑だ

生徒たちからも なんで そういうこと聞くんだよ
どうだっていいじゃん というような
冷たい反応

どうだっていいことなのか

無性に腹が立った 覚えがある。

教育は大事だ、自森にはいった娘は しみじみそれをかみしめている

スポンサーサイト

【2010/06/14 18:20】 | 平和について
トラックバック(0) |

書きたいことはたくさんあるけど
niko
ひとつだけ。

中学の社会の先生、それはひどいよ、
長男が公立中学時代、私もずいぶん窮屈な思いをしたし、
大人だから先生の立場も、言いたい気持ちも分かるけど、
それを言っちゃいけないんじゃないか。

そんな学校に行っていたら、
学校がイヤにもなるし、
大人、いや人間不信にもなるよ。
その時の娘さんの側に飛んでいって、
「あなたのことを分かってくれる学校だってあるんだからね」って慰めてあげたい気持ちです。

そんな学校に誰も、(先生も)行かなくていい、
世の中になればいいね!

No title
mako
nikoさん>そうなんですよねーそれでなくても多感な時期に、、、。大人は・・・となりますよね。
学校って なにを学ぶのか? 
学校でなにを感じるのか 
一時的な知識をいれるだけの場所にはしたくないなぁと思うのですが、悲しい事にそんなことを行っているところ、人が多い。
それに気付かない 人も多いのかも
自森でいろいろ気付かされている 段階だし私も(苦笑

コメントを閉じる▲
自由の森学園の体育祭がおわりました。

金曜日の夕方、のんとふたりで飯能へ
前日の遅くまで準備してたらしい 娘と娘のおともだちを
車にのっけて 駅まで

男の子3名が 後部座席にぎゅうぎゅうになっている姿は
なんともいえず おもしろい

ちゃんとお礼をいってさわやかーに帰って行きました
かわいいねー

娘と入間のジャスコへ Tシャツやら のみものやら
買い物して 寮へ

で、ノンと私は ホテルへ

翌日 早くに携帯がなるからなにかとおもったら

「雨で延期・・・」とくらーーい声

えええええええ そんなこと考えてもいなかったー

昨年は途中で雨に降られるし 
強烈な 雨女と雨男がいるに違いない なんて思いながら

しゃーない。。。。。

いったん 福島に戻り

で、日曜日のよなか、24時チョイ前に 高速にのりまして
1000円だもーーん

佐野で ひと眠り。

娘いわく そんなに体育祭きたかったんかー
すごい根性やなぁ と。

なんか、延期とかなったら もう意地でも見たくなる 
という性格。仕事がはいってなかったのを幸いに

月曜日の早朝 飯能へ いいてんきーーーー^^

娘は、誘導係で朝から 荷物運んだり
おぉ働いとる。

音響も、道具も すべて すべて生徒たちが
もくもくとやっている すごいよねーー

生徒が主体でと よくいろんな学校の案内にもあったりするけど
え? どこが 生徒がやっているの?という 言葉ばっかりの
ところが多い

でも 自森は ほんまに 生徒がつくりあげた行事である

信頼して任せるということは、けっこう大変なこと
なんやかんやと 大人が口出し手出しして
結局は、狭い範囲でしか 生徒は かかわってないとかになりがちなのだけど

自森の教員は どーーんとかまえてるよねー。

任されるからこそ すごい力がでるのよねー。

たとえ、2時間 時間が押していても
なんだか、あせって端折ってということなんかまーーったくなく

そのうち日が暮れて真っ暗になるまでに最後のリレーがおわればええか

なんてふつうに思えてくる。

そりゃ時間通り ぱしぱし進めば 理想的なのかもしれない

こまかい時間を気にせず盛り上がれる 盛り上がっている
そんなのをみてると なんだか 時間がおくれているのが
どーでもよくなってくる。
そんなことが小さなことに思えてくる 不思議

騎馬戦でものすごい激しい戦いをしてたけど
みんなおわったとは、やりきったーーという顔

危険やから と言われがちやけど

危険を承知してけがをしないようにしながら戦う技術も
彼らは練習していて身につけているのじゃないだろうか
IMG_0069_convert_20100601172504.jpg


どんどん身体能力がおちているといわれてる若者だけど

自森で 騎馬戦や棒倒しをしている こどもたちを見ると
実にしなやか。

体験の中で、危険を予測したり回避したりする力が育っているように思うし
すごく大切なことだと思うのですよ。

最後は、もうまっくら 

長い長いいちにちでした。

たくさんの保護者の方ともたのしくお話できて
コーヒーいただいたり 感謝感謝です。

そうそう、昨年学校説明会で ひろめる会のお手伝いで参加してたのですが
そのとき、お話させていただいた 方が 入学してはって
おぼえてくださってて 声をかけていただき
感激!

親子ともに楽しんでいらっしゃるようで うれしかったです。




【2010/06/03 17:21】 | 教育
トラックバック(0) |

No title
niko
わお!行かれたんですね!!
どうされたのかなーと、日曜日以降何度もこちらを覗いていたのですが。
レポありがとうございました。

なんだか、夕方6時半までかかったそうですね。
最後までたたかった生徒のみなさん、お疲れさまでした。
最後まで応援してくださった保護者のみなさん、ご苦労様でした。



No title
ろく
まさか、まさかの延期。休みがとれませんでした。v-239

No title
mako
nikoさん>行っちゃいました(笑)月曜は定休日でしごとも入れてなかったのでこの際行ってまえーです。

むすこくんがんばってましたよ。
学年競技の時にみました。
楽しそうでした。
ほんまに、自森時間やからねーと 
自森ベテラン保護者さんたちはよゆーなかんじ
で さすが。
真っ暗になる前にリレーが終わりなによりで
片づけは真っ暗の中 すれちがって
あいさつされても 誰やった?なんて・・・

ろくさん>残念でしたねー。 ろくさんがいないからさみしかったわ(笑)
ろくさん息子も学年競技で活躍してましたよー。

1年生のときより なんかまとまってるかんじで
さすが1年一緒に過ごすと違うなぁと
学年競技でがんばっている5組の子をみて
なんだか、なんともいえない気分に・・・・


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。